目指せ合格!社会人が司法書士試験に挑むときは

受験資格がないので誰でも受けられる司法書士試験

司法書士試験には、受験資格がありません。大学を卒業している必要もないのです。現在社会人をしているという人でも問題なく受けることができる試験になっています。司法書士になれば転職をすることも可能になりますから、今の仕事に満足ができないなら挑戦してみてもいいでしょう。ただ、試験は非常に難しいものとなります。生半可な勉強では合格するのは難しいです。社会人なら本業に時間を取られてしまうわけですから、工夫をしなければいけませんね。

集中できる環境を整えることは大事

社会人が司法書士試験に合格するためには、時間を有効に使う必要が出てきます。限られた時間しか勉強に充てられませんから、その時間だけはしっかりと集中している必要があるわけですね。社会人なら使えるお金は多いことでしょう。たとえばレンタルオフィスを借りて、そこで勉強をするというのもありです。レンタルオフィスは、個人向けのものなら月々二万円ほどで借りられます。場所代を払ってでも、集中できる環境を整えることは大事でしょう。自宅よりかは効率がアップするはずです。

長期的な勉強計画を立てるのもあり

すでに現在仕事をしているのであれば、万が一受からなかったとしてもあまりダメージはないでしょう。受からなかったときには今の仕事を継続していけばいいだけなので、リスクは考える必要がありません。ですから、長期的な勉強計画を立ててみるのもいいでしょう。一年や二年で合格をしようとせずに、五年から十年は勉強していく覚悟を決めれば、徐々にですが合格には近づいていけますね。焦りは禁物ですし、社会人は焦る必要性が薄い点がメリットなのです。

司法書士は登記事務に特化した法律家です。国家資格ですので司法書士の試験に合格する必要があります。法律科目以外に登記関係の科目や民事手続き関係法律科目があるのが特徴です。

標準