憧れの職業、声優!声優になるにはどうしたらいいの?

意外に知らない!そもそも声優ってどんな職業?

アニメが好きな方はきっとご存知の職業、「声優」。なってみたいけれどどうやってなったらいいかわからないし、そもそもどんな職業かもよくわからない…。ここでは意外に知らない声優という職業について解説していこうと思います。声優とは声だけで演技をする役者さんのこと。ボイスアクターという呼び方もあります。活躍の場所はアニメだけでなく海外ドラマや映画の日本語吹き替えに駅のアナウンスまで、実に様々。最近ではアイドル声優としてCDを出したり雑誌の表紙を飾る方も増えていますが、基本的には決められた台詞や文章に声を当てていくのがメインのお仕事です。

声優になりたい!まずは何をするべき?

声優になるためにはまず声優として働くための訓練をしなければいけません。そのためには声優養成所か専門学校に行く必要があります。養成所や専門学校では、基礎的な発声練習から滑舌練習、他にも台本の読み方や演技をするにあたっての感性を育てていく必要があります。ただ文章や台詞を読むだけでは声優は務まりません。その場面や台詞に合った声色や演技ができるようにならなければなりません。レッスンを繰り返し、自分だけの個性を見つけてそれを売り出しオーディションに合格すれば晴れて声優としての第一歩です。養成所や専門学校には働きながらでも通える場所もあります。なりたい気持ちと努力を怠らなければ目指すことができると言えます。オーディションになかなか合格できなくても、諦めないでチャレンジする強い心で挑みましょう。

声優になれたら次はどうするの?

晴れて声優になっても仕事がなければどうにもなりません。オーディションにどんどん応募したり、現場で自分を売り込むことが大切です。自分を売り込むことに必要なのは与えられた仕事に全力で取り込むこと。自分が携わる作品のことをしっかり理解して、世界観を読み解き自分の台詞ひとつひとつに全力で挑めば、監督はきっと見ているはずです。ただ台詞を読むだけなら誰にでもできます、けれど自分にしかできない演技もきっとあるはずです。自分にしかできない演技を突きつめ、自信を持って堂々と仕事をこなしていけば自然といろんな人から注目されて次につながるはずです。

声優の養成所には、経験豊かな講師陣が揃っており、オーディションの対策や発生連取の方法にこだわることが可能です。

標準