自己破産で依頼した弁護士への費用は過払い金から

自己破産する人の弁護士費用

自己破産するような人に、どうして弁護士をつける余裕があるのだろうと不思議に思われることもあるようですが、巷には、過払い金に関する手続きを請け負うという弁護士の広告があふれています。法定利息を超えて返済したことのある自己破産者なら、引き受けてもらえるのでしょう。法定利息を超えると、元本でさえ返す必要がなくなるようです。過払い金がある場合は、戻って来る金額も相当あるわけで、そこから弁護士費用を捻出できます。

弁護士が交渉することで

普通の借り手が、法定利息が、過払い金がと主張したところで、なんの解決にもならないことが多いんでしょうね。同じ内容の主張でも、弁護士がおこなうとすんなり通ることが多いようです。餅は餅屋に、なのでしょう。借りたわけだから、借りるのが悪い、という反応しか返ってこなかっただろう中で、唯一、一切返す必要はない、と敢然と言ってくれたのが弁護士というわけでしょう。実際法律はそうなっているわけで、当然のことなのですが。

弁護士が増えた影響?

たとえ法律でそうなっていても、現状ではそれが通用しないということも多々あります。過払い金などもそうでしょう。知らないでいたら、金融業者の言うがままですものね。過払い金を専門に扱う弁護士というのは、場慣れしているので、依頼者にとっては相当頼りになる存在でしょう。自治体の無料相談などの弁護士だと、あまり親身になってくれず、ガッツもない場合もあります。弁護士が増えて、仕事に事欠く弁護士も多いと聞きます。この分野の弁護士が増えたのは、その効能でしょうか。

裁判所に破産申立書を提出すると、申立者の収入や債権、資産等が総合的に判断されます。その結果「支払不能」の判断がなされると「免責許可」が下され、自己破産となります

標準