ファンドに投資をすることについて!そのリスクとリターン

自分で考える必要がない

ファンドに投資をすることは意外とメリットがあります。まず、安定的に利益を出しているのであればそれは今年も期待できるでしょう。或いは自分で特に考える必要がない、ということもメリットになります。つまりは、特に投資に関する知識がないとしても出来る、ということになります。これが人によって途轍もないメリットであるといえるでしょう。但し、大概は投資をする金額に下限があります。それをクリアしないといけないので注意です。

スケールメリットを享受できる

個人ではどうしてもスケールメリットを享受することができないのです。つまりは、規模を大きくすることによるリスク分散、或いはリターンの増大を目指せない点が個人の投資ではあります。レバレッジをかける、という手もあるのですか、これは極めてリスキーになります。ゼロになるどころかマイナスになることもあるのです。ですから、基本的にはこれらはまったくお勧めできないやり方です。ファンドに投資するならばスケールメリットは享受できます。

どこにファンドにするのか

自分で考えなくても良い、といってもファンドはよく選び抜く必要があります。人から紹介されることもあるでしょうが、最終的には自分で選択をしないといけないのです。ちなみにどの方向性のファンドであるのか、ということはキチンと教えてもらうことができます。例えば発展途上国によく投資をするとか安定的な株式にすることが多いとかそうした指針がはっきりとしているわけです。それをみてどのファンドに投資をするのか、ということを決めるわけです。

ファンドの会社のこれまでの実績を比較することで、将来的に株式投資にチャレンジをするうえで、便利な情報を得ることができます。

標準