専門学校に行くならこれがオススメ!デザインのイロハ

製品や雑貨をデザインするプロダクトデザイン!

アート系の専門学校で学べるデザインは、多彩なジャンルに別れておりそれぞれに魅力があります。スケッチスキルや製図のノウハウなど、実際にデザイナーになるための技術を学べますよ。それぞれのデザイン分野の魅力を紹介するので、参考にしてみましょう。まずはプロダクトデザインです。私たちが日頃使っている車や家電などの製品にはじまり、文房具や食器などの雑貨やインテリアなど様々な道具のデザインをするのがこの分野です。将来は、製造メーカーやデザイン事務所に所属して、プロダクトデザイナーとして働く進路が目指せますよ。

ビジュアルのデザインができるグラフィックデザイン

続いては、グラフィックデザインです。ポスターやHPのグラフィック、カラーリングやイラストなどのビジュアルに関わるデザインを学べます。アナログとデジタル、両方でのデザイン作業に慣れるための授業や身的感覚を養う実習が多くなります。将来は、インハウスデザイナーとしてグラフィックデザインをしたり、独立してイラストレーターになったりと些細な進路が考えられますよ。学校によっては、映像関連のコースもグラフィックデザイン科に含まれる学校があるので、調べてみましょう。

服飾ならおまかせなファッションデザイン

3つ目は、デザインといえば外せないファッションデザインです。服飾に始まり、ファッションショーの舞台企画などのスキルを身につける事ができます。将来は、ファッションデザイナーやパタンナー、または舞台企画など、幅広いファッションの分野で活躍できますよ。このように、あらゆるジャンルのデザインを専門学校で学ぶ事ができます。これまでアート分野にしか興味がなかった方は、是非デザイン分野にも興味を持ってみましょうね。

据え置き型のゲームは一時期、低迷の時期を迎えましたが、近年はスマホゲームの台頭など、ゲームクリエイターへの需要が高まっています。ゲームの専門学校を出た専門性の高い人間が求められています。

標準