通信制高校にはいろんなコースが!自由に選択

随時入学、転入、編入受け入れのところも

通信制高校は通学制の高校と違い、学年や定員というものがないため、入学も転入、編入も随時受け入れているところが多いです。もし高校を中退することになっても、宙ぶらりんの状態になることなく、すぐまた高校生となることもできます。一年生のときに中退した場合は、通信制高校に移る場合、入学という扱いになりますが、中退する前に転校という手続きが可能であれば転入となりますし、二年生以降の中退なら編入という扱いになります。

通学頻度もさまざま!

通信制高校を希望する生徒の中には、あまり通学したくないという場合もあります。通学頻度は通信制高校によってさまざまですが、月二回程度というところが多いです。しかし、中には年に一度、数日間の合宿をおこない、そこでまとめて対面指導をおこなう学校もあります。生徒が自由に選べるわけですから、自分の希望に合うところを探しましょう。毎日通学するコースもあります。さまざまなコースを設定して、いろんな需要に応えられるようになっています。

好きな科が自由に選べる

高校入試では、倍率や難易度で、不本意な科を選んで受験することも時にはあるようです。しかし、通信制高校では自分の希望する科を自由に選べます。仕事に必要とされるスキルを身につけるビジネスコースでは、需要の高い簿記の勉強もできます。ここで簿記の資格を取っておけば、経理の求人は多いですからたいへん役立ちますね。大学進学を目指す生徒には、受験対策もしっかりとおこなわれます。毎日通学する生徒も少なくありません。

通信制高校には、働いている人、高校を中退した人、今の学校で卒業が見込めない人などが通っています。また不登校に悩む生徒や、芸能界やスポーツ界との両立など、個々のスタイルに合う方法として注目されています。

標準